« リフォーム研修 | トップページ | モンクレール講習会 »

新濃縮液体洗剤

オリンピックのおかげで、スノーボードにお熱だったころを

思い出してすっかり興奮気味な、中村です。

 

お仕事に余裕があったので、今日はTES会に参加してきました。

 

花王(株)ハウスホールド研究所の講師による

『節水洗濯を実現した、新濃縮液体洗剤について』の講演。

 

まず高洗浄力のためにどのように洗剤を濃縮していくか、また洗剤をいかにして高速溶解させるかなど。洗剤がどのようにして洗浄力を高め、コンパクト化していったか、家庭用洗濯洗剤の技術の進化が見られました。

 

そして、ついに家庭洗濯洗剤に新登場 『アタックNeo』

 

本来の液体洗剤は、大きな容器に入っているのが支流でした。液体洗剤の半分の成分は水で、この水がないと溶解不良や、固化、ゲル状の構造体を引き起こしてしまうため、水+界面活性剤が必要でした。 しかし今回開発された新規界面活性剤(アクアWライザー)は界面活性剤の親水部が大きいため、組成物中の水を極限まで絞っても、溶解した状態を維持することができます。そのため低温でも固まらず、冷水にもすばやく解けることができます。少ない水でも溶けて洗浄力を保ち、泡を形成しにくくしています。この特性の水との親和性が高いということから、洗剤が衣類に残留しにくくなり、すすぎが1回で使用できるというわけです。

 

すすぎが1回で、『節水・節電』

排水少なく、CO2削減エコロジー!

 

環境の負荷低減と、使いやすさ、洗浄力。家庭で使うにはとても良い洗剤だと思いました。

 

でも私は自宅用では、ライオンの『NANOXナノックス』 使いますけど・・・・・・ハハハ

 

 

|

« リフォーム研修 | トップページ | モンクレール講習会 »

お勉強」カテゴリの記事